産業機械NC・メカトロ制御・サーボモータ・インバータ・高速位置決め・同期制御・株式会社モステック

TEL 046-277-1167  FAX 046-277-1165
〒242-0006神奈川県大和市南林間1-8-11-202
株式会社モステック・製品事例

超高速NCフィーダ(型式MST100C)

システム構成図

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

概要

プレス軸に同期して選択されたカム曲線で定ピッチを送ります。最大3000spmまで追従可能です。

特徴

 ◎ワンタッチで送り長の変更
  タッチパネル上からワンタッチで送り長の変更が可能。
  しかも運転中に送り長の変更が自在に可能で、違う送り長を交互に送る事も可能。
 ◎安定した精度
  メカニカルなカム機構を使用しないので摩擦等による経年変化がない。
  送りロール径やギアの変更にもパラメータの変更で容易に対応可能。
   フィードバックをフルクローズにして分解能を上げれば安定した精度を確保できる。
 ◎ワンタッチでカム曲線の選択
  カム曲線は自由に選択可能。(サイクロイド、変形正弦、変形台形等)
  しかも運転中にカム曲線の変更が自在に可能で、違うカム曲線を交互に使うことも
  可能。

NC仕様

  
  ・SPM         最大4000SPM
  ・サーボモータ     三菱、安川、東芝機械、富士電機他
  ・送り量        負荷とサーボモータの組合わせによる
  ・送り制御       プレスエンコーダとの完全同期送り(電子カム方式)
  ・フィードバック    セミクローズ、フルクローズ
  ・パルス分解能     0.001~0.01mm/puls
  ・データ入力      タッチパネル
  ・実寸精度       +/- 0.01~0.02mm(メカにより変動)